きつねろいど

はてなブログ1年生。アニメ観たりマンガ読んだりゲームしながら書いてます。

本田圭佑の対談番組「CAFE SURVIVE」経営から教育まで本音で語り尽くす

本田圭佑の対談番組「CAFE SURVIVE」経営から教育まで本音で語り尽くす

日本を代表するサッカー選手・本田圭佑さんが各界のエキスパート4人と対談するAmazonプライムビデオ限定の新番組がスタートしました。サッカークラブを国内外に展開し、海外クラブの買収と経営を行っている現役のプレイヤーは珍しく、実業家としても注目されている本田圭佑さん。これまでカメラの前で見ることができなかった本音トークを楽しめる内容になっています。

♯1 VS Jリーグチェアマン 1st half 〜主張力と傾聴力〜

Amazon

本田圭佑が対談を熱望した相手、第5代Jリーグチェアマン・村井満。ビジネスの現場で抱負な経験を持つ村井に対して本田は莫大な放映権収入、外資の参入など具体的なリーグ経営に関して抱いた疑問を矢継ぎ早にぶつけていく。対して村井は、日本のプロサッカー選手のロールモデルとして本田や岡崎慎司を分析していることを明かし、様々なデータ解析の末に得た成果として「リバウンドメンタリティ」の重要性を挙げる。本田圭佑も賛同した日本サッカーが世界に対抗するためのヒントとは?

日本リクルートセンターで人事や経営に携わってきたあと5代目のJリーグチェアマンを務め上げた村井満さんとの対談。クラブ経営の外資参入や放映権に関するDAZN(ダ・ゾーン)との提携などサッカービジネスについて語りあいます。

海外の一流リーグで活躍する選手とそうでない選手との違いは何か。人事に携わってきた村井満さんが数々の選手に適性検査等の細かいアンケートを取ったところ、一流のプレイヤーは傾聴力と主張力がずば抜けて高いところに気づきました。これから日本サッカーを強くするため、子どもたちの傾聴力と主張力を伸ばすにはどうすればいいかそれぞれの教育論を語ります。

♯2 VS Jリーグチェアマン 2nd half 〜サッカーと経営〜

Amazon

現役サッカープレイヤーでありながら経営の世界に飛び込んだ本田と、生粋のビジネスマンとして日本のプロサッカーリーグを牽引することとなった村井。両極から同じ目標を目指す二人は、お互いを補完し合うようにJリーグに対して、クラブ経営に対して、日本サッカーの未来について様々なアイディアをぶつけ合う。

後半戦では本田圭祐さんのこれまでの挫折を含めた経験を織り交ぜながら教育論を語ります。両親が離婚して父親の両親に昭和ど真ん中の厳しい教育のなかで育てられた経験から、近年話題になっている教育の中で手を挙げることについても持論を語ります。

またこれからの新しいJリーグの未来を語り合うなかで、過去に日本代表の経験をしたプレイヤーについて名指しで言及しているのでサッカーファンは必見です。

♯3 VS 人材派遣会社社長 〜組織マネジメントとリーダー〜

Amazon

選手生活と並行してサッカースクール事業を展開する本田圭佑。経営者としてはスタートを切ったばかりの彼が胸を借りるのは、14000人のエンジニアを正社員として抱える人材派遣会社経営者としての実績を誇る嶋岡学。サッカーという団体競技で培った組織論、哲学を活かし経営者として戦おうとする本田なりのマネジメント理論が徐々に浮かび上がってくる。

一万人を超えるエンジニアを正社員として抱える人材派遣会社テクノプロ・デザインの社長・嶋岡学さんとの対談。事業が大きくなるにつれ正社員が増えマネジメントは難しくなるもの。現在100名規模のサッカースクール事業を経営する本田圭佑さんが、毎年500人以上の新入社員を雇用する嶋岡さんに社員へのマネジメント理論を聞きだします。どれだけ経営の規模感が変わっても大切なものがあることを気づかされます。

サッカー組織と会社組織は似ていると言い切る本田圭佑さん。総務はディフェンダー、営業マンはストライカーに置き換えられるなど興味深い発言も飛び出します。嶋岡さんからの質問で本田圭佑さんの経営哲学の根本がサッカーで培った経験にあることがわかります。

♯4 VS ゲームクリエイター 兼 人工知能研究者 〜AIと人間関係〜

Amazon

「自分は全くの素人」と言いつつ、本田が強い関心を抱いているAI。本田の持つ疑問に応えるのは日本語AI研究においてトップランナーとして活躍している斎藤由多加。爆発的なブームとなったゲーム「シーマン」を開発したクリエーターでもある。斎藤の柔軟なマインドと溢れ出る知識とアイディアが本田を刺激、トークは白熱する。二人が予測する「AI社会」はいかなる社会なのだろうか。

1999年にドリームキャストのソフトとしてブームを巻き起こした育成シミュレーションゲーム「シーマン」を開発したクリエイター斎藤由多加さんとの対談。近年話題の人工知能(AI)や深層学習・ディープラーニングの分野で最先端の研究を行っている斎藤さんのお話は貴重なものとなっています。人工知能の分野については素人である本田圭佑さんに分かりやすく解説しながら語ってくれているので、これまでAIに興味を持っていなかった人も一発で惹きつけられる内容になっています。

♯5 VS 若手起業家 〜世界一への思い〜

Amazon

25歳と若くして成功を収めた起業家堀江裕介は、事業を始めて全く芽が出なかった時期に、サッカーの世界で躍進を続けていた本田圭佑の発言や映像を糧にしてその後の躍進のきっかけとした。そして今、経営者としての道を歩み始めた本田は6歳下の堀江に教えを請うている。お互いをリスペクトする二人が考える成功、カッコ良さ、未来について語り尽くす。

料理レシピ動画でおいしい料理を学べるアプリ「kurashiru(クラシル)」を運営するdely株式会社社長・堀江裕介さんとの対談。普段から交流があり年齢も近いということもあるのか他の対談と比べてざっくばらんに話しているのが印象的です。世の中に影響を与えたい二人の若者が明るい未来を語り合います。

CAFE SURVIVEの感想

全ての対談番組を通して感じるのは本田圭佑さんの探究心が一般人よりずば抜けているということ。強い精神性があり人間力そしてサッカー選手の枠に囚われない活動力をみるとモチベーションが高まることは間違いありません。これから夢を追う学生から活躍中の全ての社会人におすすめの新番組です。