きつねろいど

はてなブログ1年生。アニメ観たりマンガ読んだりゲームしながら書いてます。

ゲーミングヘッドセット入門機|KINGTOP K11は低価格なのに高品質【レビュー】

ヘッドセット入門機|KINGTOP K11は低価格なのに高品質【レビュー】

きつねろいどです。今回はこれからPS4やパソコンゲームで友達とボイスチャットをしたい人向けにヘッドセットの入門機「KINGTOP K11」を紹介します。

約3000円で購入できて高音質なコストパフォーマンスの高いヘッドセット。アマゾンを漁っていたときにあまりに安かったので試しに玩具感覚で買ってみただけなのですが、あまりのクオリティに手に入れてから一年以上ほぼ毎日愛用しています。

KINGTOP K11のスペック

低価格の3000円台

高集音性マイク付

ミュート機能あり

Amazon

周波数帯域 20Hz~20.000kHz
感度 114dB +/- 3dB at 1khz
インピーダンス 22 Ohm at 1 khz
最大入力電力 30mW
マイク感度 -32dB +/- 3dB
マイク周波数帯域 50=10 khz
マイクインピーダンス ≤ 2.2KΩ at 1 khz
ケーブル長さ 約1.8m
入力プラグ 3.5mm

KINGTOP K11の音質

KINGTOP K11の音質

低音から高音までバランスよく聞こえる高音質のヘッドセットです。特にプレイヤーの足音から銃声までさまざまな音声を聞きわける必要があるFPSゲームでは大活躍してくれます。

例としてFPSゲームでは敵の足音を聞くために音量を高めに設定する必要があるのですが、低音と高音の音量のバランスが悪いとうるさくてたまりません。

音楽鑑賞用のヘッドフォンで長時間プレイしていた時期は、発砲したときの高音によって耳が痛くなることがよくありましたが、KINGTOP K11を使い始めてからそういった悩みは一切なくなりました。

ゲームのジャンル問わず、プレイする上では重低音や綺麗な高音にこだわる必要はなく、どちらも同じ音量でバランスよく聞こえるヘッドフォンが適していると感じています。

KINGTOP K11の機能

KINGTOP K11の機能

肝心のボイスチャット機能に関してもばっちりです。ゲームプレイを録画して自分の話している音声をチェックしてみると、こちらの音声が綺麗に入力されているのがわかります。またお友達のマイクの性能が悪くないかぎり相手の声もはっきりとクリアに聞こえるはずです。

ケーブルの途中にはマイクのスイッチがついているので片手でオンオフの切り換えが可能です。プレイ中に家族に話しかけられたときや、家庭音などこちらの物音を聞かれたくないときに間髪入れず適用できます。

ボイスチャットをしていれば誰でも経験するあるあるですが、ミュートにしたのを忘れてひとりで話してしまうことがあります。相手の返答が聞こえてこないときはどちらかがミュートになっているケースが多いので落ち着いて確認してみましょう。

音量の調整はレベル1から12段階までの間でいつでも調節できます。ゲームをやりながらシーンに合わせてコントロールリモコンを触って適切な音量を探るのも楽しみのひとつです。

KINGTOP K11の品質

KINGTOP K11の品質

高額なゲーミングヘッドセットと比べれば見劣りするかもしれませんが、この価格帯ということを考慮すれば特にダメ出しできるところがありません。

ゲーミングデバイス感溢れる青を基調にしたデザインはなかなか格好良く、はじめてゲーミングヘッドセットであれば開封したときに感動を覚えると思います。

軽量設計ながら耐久性もあるため初心者から毎日欠かさずゲームをやりこんで中級者・上級者になるまで長期間愛用できます。これまでテレビの音声だけでゲームをプレイしていた人はヘッドセットデビューしてみてください。きっと世界が変わりますよ。

もちろんスマートフォンやパソコンにも接続できるのでLINEやSkypeの通話にも使用できます。そういった意味ではゲーム以外での単純なボイスチャットツールとしても優秀かもしれません。